一発合格のために|通信講座で宅建を学ぶ|不動産業の頂点に立てる
ウーマン

通信講座で宅建を学ぶ|不動産業の頂点に立てる

一発合格のために

勉強道具

注目される理由

労働安全衛生法の定めによって、従業員が50人以上の事業場においては、衛生管理者免許や医師、労働衛生コンサルタント等の資格を持つ衛生管理者を設置しなければなりません。主な仕事内容は、事業場の作業環境の管理、従業員の健康管理や労働衛生教育の推進などが挙げられ、企業活動をしっかり支える内容です。具体的な仕事内容を確認しておきますと、事業場の管理の仕事としては、火災が起きた場合の避難経路の確認や非常口や非常階段の点検、消化器などの点検が挙げられます。また、従業員の健康診断の手配や、従業員がうつ病にならないようにケアを行ったり、産業医への橋渡しを行うなどの内容も含まれます。特に、職場におけるメンタルヘルスの重要性が叫ばれている今、衛生管理者の役割は更に大きくなっています。このような背景から、衛生管理者試験が大いに注目されているのです。

過去問攻略が基本

衛生管理者は大企業であればあるほど設置人数を増やさなければなりませんから、会社の業務命令が動機となってこの資格を目指す方も少なくありません。もし、業務命令が出ているのであれば、しっかりと学習し、確実に一発で合格したいところです。一発合格を目指すのであれば、基本書を理解することはもちろん大切ですが、過去問を中心に学習することをおすすめします。その理由は、衛生管理者試験は、毎回出題される頻出問題があり、しかも、過去問をそのまま使っているケースも少なくないからです。ただし、注意しなければならないのは、苦手科目を作ってはいけないという点です。その理由は、第1種衛生管理者試験では5科目が、第2種では3科目が試験範囲ですが、全科目とも40%は正解しなければならないからです。何が何でも合格しなければならないという場合には、通学や通信の講座を活用してみたり、過去問を本番さながらに時間を計測しながら解く、などの工夫を行いましょう。