メンズ

通信講座で宅建を学ぶ|不動産業の頂点に立てる

有利に働くために

男性

キャリアアップや就職を行う場合などにおいて、資格を取得しておくことは有利となるケースが多い。これらのビジネス関連の資格は数多くあり、その分野に必要なものの取得が効果的である。国家資格などは特に、効果が高い。

読んでみよう

不動産業に欠かせない資格

筆記用具とノート

国家資格を取得しよう

不動産業を営む時に必要な資格が宅建です。この資格さえ持っていれば一人でも不動産業が開業できます。この宅建は「宅地建物取引主任者」の資格で不動産を売買、賃貸する時に重要事項説明を行わないといけないのが資格保持者です。とても重要な任務で試験も難しいです。宅建を取る方は、不動産業に携わっている方、銀行に勤めている方、これから不動産業を始める方、就職に有利で資格を取得したい方などです。試験に合格するための専門学校も開設されていますが、忙しく通えない方は通信講座でも勉強することができます。通信講座の方が費用も安いですし勉強する時間の拘束もありません。通信講座でも提出するテスト形式の添削はありますので安心して受講することができます。

勉強方法のコツ

宅建の勉強を通信講座で行う方は、勉強する時間を集中して行うことをお勧めします。試験はとても難しく、試験の問題には引っ掛け問題もあります。問題は全て法律に基づいているので法律の勉強をすることになります。宅建業法、税法、民法などが出題されます。特に民法は難しく引っ掛け問題が多いです。問題に慣れるために過去問をすることをお勧めします。どんな問題が出たのかもわかるし同じような問題の出し方に慣れてきます。何度も問題を解いていくと問題自体を覚えてきます。すると問題に出そうな言葉や内容を理解することができます。テキスト合わせて勉強しましょう。宅建の資格は国家資格です。自慢できる資格でもあり、自分に自信をつけられる資格でもあります。

人や物をまとめて動かす

女の人

マネジメントの資格は、社会的な信頼も高まり仕事でのスキルアップにつながるので人気の資格となっています。通学やインターネットでの授業、独学などの方法があるので自分にとって学びやすい環境を選ぶと良いでしょう。

読んでみよう

一発合格のために

勉強道具

従業員が50人以上の事業場では衛生管理者を設置が義務付けられており、会社の業務命令が動機となってこの資格を目指す方も多いことでしょう。合格を近づけるためには、過去問をしっかりこなし苦手科目を作らないことです。また、講座を活用したり、過去問を本番さながらに解いてみるなどの工夫を行うことも大切です。

読んでみよう